03c96731-e46a-404f-9bb4-14f8060ec14c
ニュース
2022-05-18

おめでとう!TCI日本東京発明賞金メダル受賞


 

近年、新型コロナ対策と実質ゼロエミッション及び持続可能な脱炭素社会づくりという気運を盛り上げる中、関連する製品やビジネスモデルが注目の的となっています。閉幕したばかりの2022第36回日本東京イノベーション天才国際発明展には、台湾が金21銀25銅3を獲得、米国、カナダ、サウジアラビア、韓国、中国、タイなど12ヶ国からの計170点以上の応募作品を負かし、総成績で世界1位に躍り出ています。

中華革新発明学会の呉智堯執行長によると、同発明展はコロナ散発の故にオンライン運用に移行、実質ゼロエミッションと健康・バイオテクノロジーに関する応用が、今回メダル受賞者の人気プロジェクトになっていたという。全世界は2050年の実質ゼロエミッションと持続可能な脱炭素社会づくりを目指しており、大愛感恩科技は「廃ゼロ再グレードアップ環境保護芸術複合材料」を開発、海洋と陸上のプラスチック廃棄物対策に向けたソリューションを提出しました。分野横断的な特許技術、キーポイント調製法、工程パラメータコントロール、人文設計を活用して廃棄ビニール袋(Re-PP)と廃棄ペットボトル(Re-PET)の再生によって「廃ゼロ再グレードアップ環境保護芸術複合材料」を開発、特許商標認証を取得しました。

手持ちの廃棄ペットボトル(Re-PET)の使い道を考えたことがある?大愛感恩科技は物理法で再溶解、造粒、射出成形を行い、特許調製法と設計構造を開発、従来型木材・プラスチック再生複合材より軽量化で、加工時リサイクルプラスチックの分裂分解しやすい難題を改善、設計部門の革新案と合わせ、芸術下敷の造景、装飾芸術品、甚だしきに至っては輝く真珠や装身具などまでを作れるようになります。廃棄ビニール袋(Re-PP)の再資源化に関しては同様に、特許技術を駆使して床座布団、大愛椅子、洗濯かご、子供用ベンチなどの日常生活用品を設計しています。持続可能な再資源化と循環型経済の理念を出発点に、省エネ及び排出量削減、持続可能な材質、環境教育の目的実現を目指す大愛感恩科技は、金メダルを獲得、社会の肯定を頂きました。

ヒアルロン酸は結合組織、上皮及び神経組織に広く存在しているが、加齢につれ体内のヒアルロン酸含有量が次第に減少し、皮膚や目、そして関節機能、さらには全身の保湿システムへの影響が進行するようになります。大江生医の「至尊ヒアルロン酸MAXI HA」の技術特徴としては、大江生医が微生物バイオニック発酵法で培養・抽出し、特殊な生物酵素分解工程を施し、短時間で高活性・高効率な小分子ヒアルロン酸が得られます。

 

Copy LinkFacebookLineWeChat

Loading...
聯絡我們

Loading...
お問い合せ